自費出版と印刷物のアレやコレ

パンフレット制作の基本

企業・団体にとって欠かせない広告・宣伝ツールが会社案内・事業案内や、商品・製品・サービスを明確に記したパンフレットでしょう。ここではパンフレットを制作する際の基本的な考え方を記します。

人の心を動かすシンプルなコンセプトづくり

商品やサービス、事業内容を知ってもらうためには、まず、そのコンセプトや理念がキャッチコピー・ボディコピー(説明文)やデザイン面において顧客の立場から考えられ表現されていなければ訴求力に欠けるものになってしまいます。顧客に対してシンプルかつ明確にコンセプトが表現されたパンフレットは、対象とする人の目に留まった時点ですでにターゲット層にアプローチするものになり得ます。逆に、「売り手」本位で作られたパンフレットは少しでも多くの情報を詰め込もうとして内容や構成に統一感やバランスを欠いてしまう傾向があります。また、そうしたツールは結果的に意図が顧客に伝わり難く費用対効果が期待できないものになってしまいがちです。
パンフレット作りにおいては、必要な情報は欠かさず、不要な情報は極力排して、一目でコンセプトが理解できるようなものを考えましょう。
アトリエ・レトリックでは、お客様の意図を汲みつつ、費用対効果の高いパンフレット作りのご提案から制作・印刷までお手伝い致します。

手に取ってもらう「場」を考える

コンセプトの次に考えなければならないことは、そのパンフレットがどのように使われるのか?を理解することが大切です。同じモノやサービスを売るためのパンフレットでも、店頭に置いておくもの、DMとして広く頒布するもの、イベントに連動させて使用するものなど、「手に取ってもらう場・機会」によって「なにをどう伝えるか?」の優先順位が変わります。かといって、「場」に応じて何種類ものパンフレットを作るとなればそれだけ費用がかさんでしまいます。
A4サイズ三つ折りのものから小冊子などのページものまで、汎用性を意識しつつも同時にお客様が手にする「場」を想定して、体裁やデザイン・内容構成を考えることが重要になります。

リピーターを育てる

企業が長く生き残っていくためにはリピーターの存在が不可欠です。リピーターというのは、言葉を変えれば「ファン」のことです。芸能人でなくとも、企業や団体であっても、より広いファン層の獲得に成功するか否かで大きく経営が左右されると言っても過言ではありません。逆に言えば、リピーターがつかない商品やサービスにはなにかしら負の理由があるものです。
リピーターを獲得するためには、商品やサービスを提供する側の真摯な姿勢・熱意・誠実さに基づいた情報がモノを言います。誇大広告と見做される派手な広告を無暗に打つのではなく、顧客の心を動かしリピーターへと育てる地道な努力がもっとも必要とされるポイントでしょう。そうした意味合いからも、地味であっても顧客に信用されるパンフレットは長い目で見れば必須のアイテムになるはずです。

次のページ