自費出版と印刷物のアレやコレ

自費出版のメリットについて

本 現在、商業出版が振るわない一方で自費出版が注目されてきています。大手出版社や印刷会社などでも自費出版を扱う会社が増えてきました。そのため、以前に比べると、誰もが気軽に本を出版することができるようになってきています。

こちらでは、そんな自費出版のメリットについてご紹介します。自費出版をご検討されている方はぜひご参考ください。

心に秘めた思いや言葉を“本”というカタチにして残すことができる

本がお好きな方ほど、「このような内容の本があればおもしろいのに」と思われる機会も多いことと思います。自費出版は、著者自身が編集から印刷・製本までの費用を負担して本を出版することですから、表現や内容に法的な問題がないものであれば、どのような本でも製作することができます。趣味や思い出を残すための自分だけの本はもちろん、内容によってはより多くの人の手にとっていただける本が出来上がることもあります。大切な思い出を詰め込んだ詩歌や自分史を出版することで、ご家族はもちろん、ご友人や知人の方々に、これまでの人生経験や口頭では伝えられなかった思いを届けることができるでしょう。そうして自分だけの本は、何にも替えがたい、人生で最高の宝物になることでしょう。

こだわりを追求することができる

本を出版するとなれば、内容はもちろん表紙やカバー、帯のキャッチコピーといったものにまでこだわりたいと考えられる方も多いでしょう。自費出版ではこのような部分にも「自分らしさ」を取り入れることが可能です。人生のうち、趣味で本を出版するという機会は中々あるものではありません。自作の原稿の出版をご検討されているのであれば、本の体裁も、より個性的に、こだわりを表現した本にすることができます。

誰でも出版することができる

大手出版社などを通した商業出版や、個人出版の場合には、文章や内容がどんなに良質ものであっても、<売れるかどうか>が出版の際の最大のポイントとなります。逆に言うと、例えば有名タレントが著者であれば、さほど文章力がなくとも、あるいは内容がさほど魅力的ではなくても、多くの出版社は出版してくれます。

その点で、自費出版は著者の知名度に関係なく、文章力に自信がない方でも、原稿さえ書ければ誰もが「作家」になれます。自費出版におけるイニシアティヴは編集者よりも著作者にあると言っても過言ではないでしょう。法的・倫理的に「差別用語」とされる言葉や表現がなく、また原稿の内容が反社会的なものであったり、いたずらに暴力や犯罪を美化するもの・過激な性描写の多いもの、あるいは特定の人物や企業・団体を誹謗中傷するものでなければ、表現や内容における制約は個人出版や商業出版よりも著作者の判断が優先されるのも自費出版のメリットでしょう。また、文章力に自信のない方は、編集者やプロのライターにリライトを依頼することも可能です。

伝えたいことを自由に、自分らしく表現することができること。それが自費出版の最大の魅力であり、近年、自費出版が見直されてきている要因でしょう。

本を出版するとなると、必要になる費用にはバラつきが生じます。相場を確認しながら、予算をご検討されると良いでしょう。費用を抑えて自費出版物の制作をご検討されているなら、アトリエ・レトリックへご相談ください。編集から出版までしっかりとサポートさせて頂きます。無料でお見積もりをお受け致しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

次のページ