人はその海の色を、"ボニンブルー"と呼ぶ。
2017年も宇津孝カレンダーをあなたのお部屋に。

100部限定。12月1日から販売開始!

完売しました。

これらの画像はRGBモードです。実際の印刷の仕上がりとは色が多少異なります。ご了承ください。

人はその島の海の色を”ボニンブルー”と呼ぶ。小笠原の島々は海底火山の活動が作り出した海洋島。大陸と一度も繋がったことがなく、島を取り巻く海は深い。だから、南の島の海の色としてはブルーが濃い。海水温の低い時季にはザトウクジラが子育てにやってくる。深海200メートル以上潜ると言われているマッコウクジラや、好奇心の強いイルカたちは一年を通じてこの海に暮らしている。彼らはきっと、この島の守り神。

宇津孝プロフィール

1962年生まれ。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。写真家。
1987-1997年 小笠原村父島在住。小笠原と御蔵島を中心に活動。
2003年逝去。享年41歳。
小笠原の海と自然をこよなく愛した写真家。
現在でも宇津孝が撮った写真は多くの人に愛され雑誌や広告などの媒体に使われています。

【主な写真集】
『マッコウの海 小笠原』(山と渓谷社)
『イルカの海 巨樹の森』(TBSブリタニカ)

仕様

・壁掛け用リング綴じ
・A3サイズ
・7枚綴り(両面印刷 / 12ヶ月 + 表紙)

価格

・単価;1,200円 + 税8%(96円) + 送料656円
・10部以上ご購入の方は送料無料 (*ご氏名・ご住所・電話番号・メールアドレス・ご希望の部数を明記の上、お問い合わせフォームからご注文ください。)

お問い合わせフォームはこちら

完売しました。

貴社名・ロゴを使用したノベルティ用の制作も承っております。(最小ロット;100部~)