碧い宇宙へ(あおいそらへ)1

著者:宇津孝

発行:2011/08/20

価格:648円

私の年代は完璧に物欲に汚染され続けてきた。とにかく周りに自分のもの以外のものが溢れていた。……中略…… 手放すたびに、経済的にも物理的にも精神的にも楽になり、自分にとって本当に必要なものが何なのかが明確になってきたような気がする。そんなとき、宇津はクジラを撮るという仕事を手放し、小笠原を手放し、長野の山奥へ自給自足の生活を目指して行ってしまった。 ‐清水良一寄稿文;「手放すってこと」より、一部抜粋‐

<写真;宇津孝 文;清水良一>

この書籍は、現在、一時的に購入できません。

PCから購入できます。